≪研究≫税金対策をしくみから学ぶ

この租税法律主義の例外として地方税(租税条例主義)と関税があります。租税の法源については、成文法が中心となりますが、行政組織内部の租税解釈等の通達は法源とはいえません。以上、長々と税法についての概要を述べましたが、税金対策として覚えておくのは、中ほどに記載した租税法律主義で規定された項になります。社会通念上、常識として法の執行には成立要件を満たす必要があります。もちろん税法も例外には漏れることはありません。ここれ考えるのは、自身の財産の何が税法として、見られるのかにあります。もちろん、無形資産ついても同様のことが言えます。私が派遣会社の仕事をしていた時、日当のためか、通常よりも多くの所得税を徴収されました。そのような時、歯噛みして悔しがるだけではなく、確定申告をしましょう。余分に支払った金額は税法としての成立要件を満たさないため、返済されます。事実、私も余剰に支払った所得税分が年末に郵送されてきました。このように今一度自身の財産を見直してみるのはいかがでしょうか。

歯科 高槻

屋形船

熊本 塗装

高槻 整体

個別指導